Blog

Posts Tagged ‘Nairobi’


ICANN理事会の最終決定事項

Posted by:  /  Tags: , , , ,

ケニアの首都ナイロビにおいて開催された第37回ICANN国際会議が、本日のICANN理事会終了と共に無事閉会しました。本日行われた理事会では 2007年に契約された「.xxx」の問題、そして新gTLDの事前申請プロセスである「EOI/Pre-Registration」に関する理事会の判断に注目が集まりました。

以下が理事会にて主に議論された内容と決定された事項となります。 Continue Reading →

ICANNナイロビ会議 最新情報

Posted by:  /  Tags: , ,

今週の月曜日から開幕したICANNナイロビ会議ですが、弊社は以下の会議にリモート参加いたしました。

  • Introduction to New gTLDs (current status of the program)
  • Registrar Stakeholder Group Meeting
  • ccNSO Members Meeting
  • DNSSEC Workshop
  • GNSO Vertical Integration Working Group Meeting
  • Zone File Access (“ZFA”) Advisory Group Meeting
  • Registration Abuse Policies Initial Report Information Session
  • Update on SSR Efforts

上記のミーティングに参加したことで、それぞれの問題が現状でどの程度解決されているのかということについての最新情報を得ることができました。 本日3月11日が今回のナイロビ会議で終日ミーティングが行われる最後の日で、パブリック・フォーラムが行われる予定です。明日行われるICANN理事会 の終了と共に、会議全体が終了します。

以下は、今回のICANN国際会議の議論のサマリーとなります。

Continue Reading →

新gTLD商標保護について(3月8日)

Posted by:  /  Tags: , , ,

Trademark Protection in New gTLDs (3月8日)16:00 – 17:00 EAT

1年前にメキシコシティにて開催されたICANN国際会議にて、新gTLDプログラムの商標保護問題が表面化し、ICANNは知的財産コミュニティから問題の解決を促されました。ICANNは即座にIRT(Implementation Recommendation Team)を発足、商標保護に関する研究調査が行われ、商標保護問題に対し最も効果的な対策方法についての数々のレポートが提出されました。

また、2009年10月GNSOはSTI(Special Trademarks Issues Review Team)を組織、その後2009年12月に商標保護メカニズムについてのコンセンサスを得てGNSO評議会にて可決した経緯があります。

Continue Reading →

新gTLDアップデート及びEOIパネルディスカッション(3月8日)

Posted by:  /  Tags: , , ,

新gTLDアップデート

昨日3月8日(月)の現地時間11:00 ~13:00に開催された「New gTLD Update and EOI Panel Discussion session」は、特に新gTLDの申請をお考えの方にとって重要なセッションであったということが言えます。新gTLDの最初の募集がEOI(Pre-Registration)になるのかどうかは別としても、ICANNはコミュニティのコンセンサスに確実に近づいて行っていることがミーティングから感じ取れました。主題となったのはやはりEOI/Pre-Registrationに関する議論でした。その他のトピックに関しては先日エントリーさせて頂いた GAC and GAC and GAC/GNSO meetingにて議論された内容と重複するので、概要のみ説明させていただきます。

新gTLDの募集を開始するまでに、ICANNは下記の問題をすべて解決する必要があります。

Continue Reading →

ICANNナイロビ Welcome Ceremony (3月8日)

Posted by:  /  Tags: , ,

歓迎セレモニーの音楽と共に第37回ICANN国際会議が開幕した。今回の会議は事前 にセキュリティ問題が大きく取り沙汰されたにもかかわらず、盛大な幕開けとなった模様 だ。(ICANNスタッフ及び参加者のTwitter情報)

ICANNの代表兼CEOであるRod Beckstrom氏がケニア副大統領のMr. Honorable Stephen Kalonzo Musyoka氏、KENIC会長のSammy Bukahra氏などの特別ゲストを紹介した。各ケニア関係者は参加者に対し、「同国がイン ターネットテクノロジーの導入に対する受け入れ態勢が整っていること」、「デジタル革 命の波に遅れないようにしなければならない」との事などを力強く訴えた。また、Beckst rom氏は、「世界の15%の人口がアフリカ大陸に住んでいる。しかし、その中でネット に繋がっているのはたった4%だけだ。」と述べ、アフリカにおけるインターネット発展 の可能性について示唆した。 Continue Reading →

ICANNナイロビ会議レポート(3月7日)

Posted by:  /  Tags: , , ,

アーバンブレインは3月7日(日)に行なわれたGAC(Governmental Advisory Committee:政府諮問委員会)のミーティングにバーチャル参加しました。会議では、主に新gTLDのアップデードに関する話題を中心に議論が行なわれました。

まずICANNの Karen Lentz氏により、新gTLDプログラムの導入について鍵となる様々なトピックの概要について紹介がありました。今週月曜日より行なわれる第37回ICANN国際会議において、各議題についてより詳しく紹介されることが期待されます。
Continue Reading →

第37回ICANN国際会議の最新情報提供

Posted by:  /  Tags: , , , , ,

第37回 ICANN国際会議(ナイロビ)は、明日3月8日正式に開催されます。アーバンブレインではナイロビ会議において重要な議題をカバーし弊社のブログにて新gTLDおよびICANNのポリシーについての最新情報を提供いたします。

今回、ナイロビ会議で最も注目される内容は以下の通りです。 Continue Reading →

ICANNナイロビ会議セキュリティー

Posted by:  /  Tags: , ,

第37回ICANN国際会議 – ナイロビケニヤ

今回の会議では多くのコミュニティーメンバーは不安を感じているようです。しかし、ICANNは参加者の安全を確保するため、ナイロビ会議におけるセキュリティー状況を随時チェックしており、現地ケニアのセキュリティーエキスパートとも協力しております。

しかしながら、登録済み参加者の多くは参加中止を決めております。また、様々なコミュニティーメンバーも参加中止を決めており、Neustar及び米国最大レジストラGoDaddyは、今回は一切参加しないと発表されました。さらにICANNのGNSO相識であるIPC(知的所有権専門家グループ)はナイロビに行く代わりに米国ニューヨークでミーティングを行うことを明らかにしました。

Continue Reading →

ICANNからのセキュリティー情報

Posted by:  /  Tags: , ,

ナイロビ会議に対する通知を受けました。以下はその概略です。

ICANNは2010年2月11日(木)にケニヤッタ国際会議センター(ICANN会議の会場) に関する機密報告書をアメリカ合衆国の外務省より受領しました。

その報告では、2010年2月の時点で、アル・シャバブという反政府的組織が米国大使館と ケニアの国際会議センターへの自爆テロ攻撃を計画していたということが判明しました。

Continue Reading →

ICANNナイロビ会議におけるセキュリティ対策

Posted by:  /  Tags: , ,

参加者: Nick Tomasso: ICANN General Manager Meetings and Conferences
Geoff Bickers: ICANN Director of Security
Joe Kiragu: Board Chairperson for Kenya Network Information Center (KENIC)
Nick Ashton-Hart: Remote Participation Logistics

弊社側参加者: Bryan Buecking, Jacob Williams

概略

ICANNナイロビ会議におけるセキュリティ対策として、空港・ホテル・会場周辺にそれぞれ警察官や警備員を巡回させる予定。 空港には二つのICANN専用ヘルプデスクを設置する予定で、入国審査前と入国審査後のスペースにそれぞれ設置する予定です。 ヘルプデスクでは参加者が無事にビザの申請ができるように支援するため、またホテルへの移動が安全であるために信用できるタクシーの要約等をしてくれます。 すべての参加者は、会議場の入場の際、入り口にて手荷物検査をされることを、安全性を確保するため行われます。参加者は自分の安全のために十分な注意をし、常識範囲での行動を心掛けて下さい。

Continue Reading →