Blog

Posts Tagged ‘垂直統合問題’


ICANN理事会 vs 政府諮問委員会 – 商標権者および地方自治体に朗報!?

Posted by:  /  Tags: , , , , , , ,

ICANN理事会と政府諮問委員会による会合が、2月29日〜3月2日までの3日間に渡りベルギーのブリュッセルで開催され、新gTLDプログラム導入について各国政府代表者から構成されている諮問委員会が行った提案に対して、集中的に協議されました。

同会合は、本来3月1日までの2日間での終了を予定していましたが、議論が長引いたため半日間延長されて行われました。

会合にて議論された内容は、主に以下となります。


Continue Reading →

新gTLD業界騒然!ICANN理事会がレジストリ/レジストラの相互所有を容認へ

Posted by:  /  Tags: , ,

本日、先週の特別会議の議事録が公開されました。レジストリとレジストラ間の相互所有を認める件については、これまで過去2年間にわたり議論がなされていましたが、今回の理事会で相互所有が正式に認められることになった模様です。

企業が「.社名」を取得した場合は、ICANN公認レジストラの資格を取ることでドメイン名を直接販売できるようになります。つまり、レジストリサービスのみを外部委託することで、ドメイン名の登録を行うことができるようになります。
Continue Reading →

第38回ICANNブリュッセルの会場に到着しました!

Posted by:  /  Tags: , , , , ,

ブリュッセルスクエアー

アーバンブレインは本日より始まる第38回ICANN会議に参加するため、現地ブリュッセルの会場に到着しました。

本会議では先日公開されたドラフト申請ガイドブック第4版を含めた新gTLDの進捗報告、商標保護、レジストリとレジストラの相互所有などの問題を中心に議論が行われる予定です。またGAC(政府諮問委員会)における新gTLDについてのセッション、ICMレジストリ社がリクエストしている「.xxx」ドメインについての再検討、RAA(ICANNレジストラ認定契約)の改善提案なども行われます。

アーバンブレインでは現地で得られた最新情報やニュースを本サイトよりいち早くお届けいたします。

ICANN、ドラフト申請ガイドブック第4版を公開! レジストリサービス提供会社にとって厳しい内容に

Posted by:  /  Tags: , , , ,

本日、ICANNにより新gTLDのドラフト申請ガイドブック第4版が公開されました。

ガイドブックは全312ページから構成されており、7月21日までICANNによるパブリックコメントの募集が行われます。

この第4版は、年内に公表される見込みの新gTLD申請要項最終版に極めて近い資料となり、今月20日から開催される第38回ICANNブリュッセル会議での議論の焦点となります。

新gTLDコンサルティング会社である弊社として特に注目している、「レジストリレジストラ間の相互所有/垂直統合問題」について、ドキュメント中に以下の記述があります。
Continue Reading →