Glossary

ドメイン用語

ドメイン名 Domain Name

ドメイン名とは、インターネット上の住所に当たるIPアドレスをわかりやすく表示したもので、 ウェブアドレス(例:http://gonbei.jp)や電子メールアドレス(例:example@gonbei.jp)に使用されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドメイン名

名前解決 Name Resolution

インターネット上のドメインに関する狭義の名前解決は、ドメイン名からIPアドレスを、またはIPアドレスからドメイン名を割り出す行為の事を指します。人にとって馴染みの無いIPアドレスをドメインという文字列で置き換え、相互変換を行います。 またこのシステムをDNS(Domain Name System)と呼びます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/名前解決

ICANN The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers

ICANNとは、米国カルフォルニア州に本拠をおく、世界のインターネットの仕組みであるドメイン名及びIPアドレスの管理・割当を行っている非営利団体です。年に3度、世界の異なる地域において国際会議を開き、インターネットの仕組みについての重要事項を取り決めています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ICANN

ICANN公認レジストラ ICANN-Accredited Registrars

ICANN公認レジストラとは、ICANNと正式契約を結んでいるドメイン登録業者のことです。すべてのgTLDはICANN公認レジストラを介して登録されなければなりません。なお、ICANN公認レジストラに認定されるためには、ICANNによる技術的審査などの厳しい審査に合格する必要があります。

レジストリ Registry

レジストリとは、インターネット上の住所に相当するドメイン名の登録申請を受付け、そのデータベースを管理する団体です。「.com」や「.net」など、ある特定の文字列からなるトップレベルドメインを運営し、主に登録代行業者であるレジストラとの間のシステム整備やDNSの運用を行います。今回の新gTLD申請がICANNにより認められると、レジストリとしてTLDの運営を行うこととなります。

レジストラント(ドメイン名登録者) Registrant

ドメイン名の登録者(所有者)をレジストラントといいます。レジストラントはレジストラの顧客であり、レジストラはレジストリが有するドメイン名の登録業務を行います。

TLD(トップレベルドメイン) Top-Level Domain

TLD(トップレベルドメイン)とは、ドメイン名の一番右側にくる文字列です。例えばgonbei.jpの場合、ドットから右側の「jp」がトップレベルドメインとなります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/トップレベルドメイン

ccTLD(国別トップレベルドメイン) Country Code Top-Level Domain

ccTLD(国別トップレベルドメイン)とは、世界各国の国と地域に割り当てられたTLD名のことを指します。 我が国ではjpがICANNより割り当てられており、2013年7月現在で約134万件のドメイン名が登録されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CcTLD

gTLD(分野別トップレベルドメイン) Generic Top-Level Domain

gTLD(分野別トップレベルドメイン)とは、ICANNとの契約により成立する一般的なTLD名を指します。代表的なTLDとして、「.com」「.net」「.org」などがあり、あまり日本で知られていないTLDとしては「.name」「.travel」「.cat」「.asia」などがあります。 2013年7月現在22種類のgTLDが存在しており、このgTLDが2010年に自由化されることとなりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/GTLD

ASCII文字 American Standard Code for Information Interchange Characters

ASCIIとはAmerican Standard Code for Information Interchange(情報交換用米国標準コード)の略。 ASCII文字には半角英数字や記号が含まれます。※全角英数字や日本語などは含まれません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ASCII

IDN(国際化ドメイン名) Internationalized Domain Name

IDN(国際化ドメイン名)とは、ドメイン名をアルファベットや数字以外に他言語を用いて表記する仕組みのことです。 例えば、「.net」を「.ネット」と表記したり、「.jp」を「.日本」と表記することなどが考えられます。 今回の新gTLD募集では、例えば「.中古車」などの日本語表記によるTLDでの申請が可能となります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/国際化ドメイン名

UDRP(統一ドメイン名紛争処理方針) Uniform Domain-Name Dispute Resolution Policy

ドメイン名の帰属に関して異なる主張が衝突する際の解決の方針としてICANNが1999年に採択しました。 gTLDを対象として紛争処理の解決に利用されますが、ccTLDの中にもUDRPを紛争解決の方針としているところがあります。

WIPO World Intellectual Property Organization

世界知的所有権機関。ジュネーブに本部を置く国際連合の専門機関で、知的財産権の保護を地球規模で推進することを目的としています。 UDRP(統一ドメイン名紛争処理方針)をICANNが制定するにあたって、技術的な助言を行うとともに、UDRPと手続規則の補完として「世界知的所有権機関ドメイン名紛争統一処理方針補則」を制定しています。 なおWIPOによると2008年は2300件を超えるドメイン名紛争が確認されています。 参照:http://www.wipo.int/amc/ja/domains/rules/supplemental/index.html

Whois

Whoisはドメイン名、IPアドレス、AS(Autonomous System)といったインターネット資源の所有者を検索するためのプロトコルです。Whoisを利用してドメイン名を検索すると、 Registrant(登録者)、Admin(管理者)、Billing(請求先)、Tech(技術者)に関する情報が表示されます。
GONBEI Whois検索:http://www.gonbei.jp/whois/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/WHOIS

ルートサーバ Root Server

Domain Name Systemのツリー構造で基点となるサーバ群の総称。全世界でAからMまでの13箇所のホストが存在し、それぞれが幾つかのルートサーバを運営しています。 そのほとんどがアメリカで運用されているルートサーバですが、Mは日本のWIDEプロジェクトとJPRSが共同で管理しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ルートサーバ

EPP Extensible Provisioning Protocol

レジストリとレジストラの間でインターネット資源を登録または更新を行うためのプロトコル。Extensible Provisioning Protocolの略。

ホスティング Hosting

サーバ構築に不可欠なディスクスペースや接続性、処理能力等機能の一部または全てを貸与するサービスを、ホスティングサービスといいます。 ホスティングサービスを利用せずに個人で構築したサーバを俗に「自宅サーバ」といいます。

Auth Code

認証コード。ドメイン業界では主にドメイン名登録者の本人確認に使用される文字コードの事を指します。 レジストラがドメイン名の登録者に対して認証コードを付与し、登録者が他のレジストラに移管する時等にその本人確認として利用されます。

DNSSEC Domain Name System Security Extensions

DNSの応答に対して公開鍵暗号方式による電子署名を施す仕組み。現在のDNSは情報のバケツリレーを行う際に与えられた情報の真贋を定める事無く信じてしまう性質を持っています。近年DNSキャッシュポイズニングといった攻撃に対する脆弱性が取りざたされたり、パキスタン政府が自国内のアクセス規制のために虚偽のyoutubeアドレスを広告して結果国外まで被害が及んだという話があります。 DNSSECは情報の信憑性を維持することでネットワークをDNSスプーフィングの脅威から守り、その安定を図ろうとするものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DNSSEC

サンライズ期間 Sunrise Period

サンライズ期間とは、新たなトップレベルドメインの一般登録開始に先行し、ドメイン名の対象となる商標権者が優先的に登録を行うことができる期間を指します。

ランドラッシュ期間 Landrush Period

ランドラッシュ期間とは、サンライズ期間終了後の一般ユーザーによるプレミアム価格での先行登録期間を指します。登録料金は割高となりますが、一般ユーザーの誰でも先行登録に参加することが可能です。

一般登録 Go Live

サンライズ期間とランドラッシュ期間が終了した後、一般ユーザーによる標準料金での登録が可能となります。

OT&E Operational & Testing Environment

OT&E(Operational & Testing Environment)とは、新しいトップレベルドメインが一般公開される前に行われるレジストラ/レジストリ間の接続テストを指します。

ゾーン Zone

DNSにおいて各ドメインで管理されているIPアドレスの単位。膨大な数のドメイン名が日々更新されているため、DNSは単一のサーバのみによって構築することができません。そのためDNSの管理はそれぞれのゾーンによって分担管理されています。ゾーンはルート(.)を頂点とするツリー構造を成しており、管理すべきゾーンの下位層に別のゾーンを設け、管理そのものを委譲することで分担を可能にしています。

ゾーンファイル Zone File

主にゾーンで担当するDNSの対応表を記述したテキストファイルをゾーンファイルといいます。

ICANN用語

ALAC At-Large Advisory Committee

At-Large諮問委員会。一般のインターネットユーザーから構成されるICANNの諮問委員会のひとつで、インターネットユーザーの視点から理事会に対して助言を行います。

ccNSO Country Code Names Supporting Organization

国コードドメイン名支持組織。ccTLDに関する連合組織。ccTLDのグローバルポリシーを策定し、ICANN理事会に勧告を行う役割を持ちます。

NomCom(指名委員会) Nominating Committee

ICANNの理事会メンバーや、その他支持組織の評議会の一部を指名する委員会で、ICANNの構成組織や専門機関の代表などが主要メンバーとなります。

GAC Governmental Advisory Committee

政府諮問委員会。ICANNの諮問委員会の一つであり、国際的な協定、法律、ポリシー等の関係を検証し政府の立場からICANNの活動に助言を行う団体です。

GNSO Generic Names Supporting Organization

分野別ドメイン名支持組織。gTLDに関するポリシーを作成しICANNに勧告を行う役割を担っています。

SSAC Security and Stability Advisory Committee

セキュリティと安定性に関する諮問委員会。インターネットにおける名前分配システムの安全性と完全性に起因する問題についてICANNに勧告を行う役割を担っています。

新gTLD申請用語

DAG(ドラフト申請ガイドブック) Draft Applicant Guidebook

DAGとはDraft Applicant Guidebookの略で、新gTLD募集の際のルールが記載された申請ガイドブックの草稿を指します。現在第4版(2010年7月現在)が公開されており、年内にも最終募集要項が公開される見込みです。

EM(説明覚え書き) Explanatory Memoranda

EMとは、Explanatory Memorandaの略で、6部構成で作成されているDAGの各部についての説明覚え書き(補足書類)となります。

Sword Tool(ソードツール) Sword Tool

ソードツールとは、新gTLDの文字列類似性を検証するためのツールで、既存のTLDや予約名、他候補の文字列との競合の可能性を見るために開発されたツールです。
http://icann.sword-group.com/algorithm/

Thick Whois

Thick Whoisとは、ドメイン名申請に際するWhois情報をレジストリ側で管理する場合を指します。Whois情報は、レジストリのデータベースに保存されることとなります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/WHOIS

Thin Whois

Thin Whoisとは、ドメイン名申請に際するWhois情報をレジストラ側で管理し、レジストリはドメイン名の名前解決に必要な情報のみを管理している場合を指します。Whois情報は、レジストラ側のデータベースに保存されることとなります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/WHOIS

TAS Top-Level-Domain Application System

TASとは、新gTLD申請時に使用することが義務づけられているオンラインシステムです。基本的にICANNとの書類のやり取りはこのシステムを通じてとり行われることとなります。(※ICANNに特例として認められた場合を除く。)なお、申請者はシステム利用料100米ドルをICANNに対して支払わなければなりません。

書式審査 Administrative Completeness Check

書式審査とは、新gTLDの申請書類提出時に申請に不備がないかどうかをICANN側がチェックすることを指します。全質問に対する回答が行われているか、補足書類のフォーマットが正しいものであるか、また、申請料金が支払われているかどうかが審査の対象となります。

パブリックコメント Public comments

パブリックコメント(=パブコメ)とは、新gTLD申請プロセスにおいて、ICANNが一般人から募集するコメントを指します。評価員及び紛争解決担当者はそれらのコメントを判断時の参考材料とする場合があります。

異議申立 Objection Filing

新gTLDプロセスにおいて、申請者に対しその申請が不当であると考える第三者は異議申立を行うことが可能となります。異議を申し立てられた申請者は自らの正当性を主張し、紛争処理機関による解決を求めるか、あるいは申請を取り下げる判断などをしなくてはなりません。

初期評価 Initial Evaluation(IE)

初期評価とは新gTLDの申請内容について最初に下される審査です。主に文字列及び申請者に対し、内容が適切であるかどうかのレビューが行われることとなります。不合格の場合、再度必要書類を提出しなおし、拡張評価という再審査を受ける事が可能です。(別途費用)

拡張評価 Extended Evaluation

拡張評価とは、初期評価に不合格となった申請者が受けることが可能な再審査のことです。別途費用は請求されることになりますが、新たに必要書類を提出することによって申請プロセスを継続できる可能性があります。

紛争解決 Dispute Resolution

紛争解決とは、申請案件に対して異議申立を行った第三者と申請者の間の紛争の解決手段を指します。紛争はICANN指定の紛争解決機関によって調停されることとなり、敗訴側が全ての紛争解決費用を負担することとなります。

文字列の競合 String Contention

初期評価/拡張評価を通過したgTLD名同士で、その申請文字列が同一/類似であると審査員によって認められた場合、文字列競合として認識されることになります。これらの競合に関しては、当事者同士の話し合いによる解決、あるいはオークションにより運営者となるレジストリが取り決められることとなります。

レジストリ委任への移行 Transition to Delegation

レジストリ委任への移行とは、全ての審査を通過した新gTLD申請者がレジストリとなるまでに行う必要がある手続きを指します。 ICANN とのレジストリ契約の締結やレジストリシステムの構築及び運営技術のチェックなどがその対象となります。



ホーム > 新gTLD > 参考資料 > Glossary


お問い合わせ