アーバンブレインと Iron Mountain

ニュースリリース

2010年8月11日
株式会社アーバンブレイン


アーバンブレインとIron Mountain、新gTLD申請者の支援サービスを発表

(2010年8月11日東京およびボストン)本日、東京都豊島区に本社を置くドメイン名レジストリ専門会社の株式会社アーバンブレインと、世界をリードする情報マネージメント会社であるIron Mountain Inc.(NYSE : IRM)は、国内新gTLD申請者を対象にしたサービスを共同で提供すると発表した。

世界のドメイン名システムを管理する非営利団体であるICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は、来年中にも新しい一般名称トップレベルドメイン(新gTLD)を募集する予定だ。現在、22のgTLDが運用されており、ICANNにより監視されている。トップレベルドメインとは、インターネット上で利用されているドメイン名の一番右側にくる文字列で、「.com」や「.net」、「.org」などがその代表的なものとなる。今回の新gTLD募集では、「.社名」や「.都市名」などをはじめとし、多岐に渡るカテゴリーのトップレベルドメインが申請される予定で、数年後にはドメイン名のイノベーション的活用が行われることが予想される。

Iron Mountainは、現在ほとんどの既存gTLDに対してエスクローサービスを提供しており、新gTLDについても引き続きレジストリデータエスクローを提供する予定だ。今回のICANN新gTLD募集では、数百にのぼる申請が行われると考えられている。

アーバンブレインの代表取締役である才門功作氏は、「新gTLDは、ドメイン名市場に新たな競争を引き起こし、消費者はイノベーションの恩恵を享受することになるでしょう。」との意見を述べた。また、「しかし、新gTLD申請に当たっては、複雑な申請プロセスを全て理解する必要があり、また、実績のあるリスクのないレジストリ運営体制をとることが、企業にとって最も重要なことではないでしょうか?当社がIron Mountain社と共同提供するサービスを採用頂くことで、業界で最も信頼されているプレミアエスクローサービスのご利用が可能となります。」と話した。

更に、Iron Mountainデジタル知的財産部門のヴァイス・プレジデントであるジョン・ボルーカ氏は、「アーバンブレインとIron Mountainは、ICANNの新gTLDプログラム導入に際し、新gTLD申請者に対して、新規ドメイン名の「戦略」「導入」および「保護」におけるそれぞれの分野でサービスを提供することが可能です。弊社の顧客をアーバンブレインに紹介させて頂けることは喜ばしいことですし、今回アーバンブレインに、当社のエスクローサービスにおける専門性およびマーケットリーダーシップを評価して頂いたことをうれしく思います。」と述べた。

今回締結された相互推薦プログラムでは、Iron Mountainは新gTLD申請予定者にレジストリサービス提供会社としてアーバンブレインを、アーバンブレインはデータエスクロー提供会社としてIron Mountainをそれぞれ推薦し合うというものだ。

ICANNは全ての新gTLDについて、既存のgTLDと同様にデータエスクローの採用を義務づけている。これは、ドメイン名の登録に関するバックアップデータを第三者機関に預託するというもので、万が一事業者に問題が起こった場合でも、新規レジストリへのスムーズな移行を可能にすることや、レジストリ運営者側に万が一障害が発生した場合でも、迅速な復旧作業を可能にするための対策となる。Iron MountainはICANNによりデータエスクローの導入が義務付けられた2001年に業界で最初にサービス提供を開始した企業であり、現在あらゆる分野の情報保護・マネージメント・保管においてのマーケットリーダーとして、世界で最も総合的で信頼性のあるドメイン名レジストリデータエスクローサービス提供会社といえるだろう。

アーバンブレインが運営する新gTLD.com同社ブログは国内で最も人気のある新gTLD関連情報提供サイトであり、また、Iron Mountainが公開しているWhat’s Next for the New gTLDs?は、新gTLD導入を考える企業にとっての指標となっている。

アーバンブレインについて

アーバンブレインは、新gTLD申請者であるグローバルカンパニーや国際都市に対して、導入から運営までの総合的なサービスを提供しているコンサルティング会社。同社では「.SiTE(ドットサイト)」トップレベルドメイン名の申請活動を行っている他、ワールドドメインカップの優勝ドメイン名である「.earth(ドットアース)」のバックエンドサービスの提供を予定している。

Iron Mountainデジタルについて

Iron Mountainデジタルは、「データ保護/リカバリー/アーカイブ」や
「Eディスカバリ」「知的財産マネージメント」などの情報マネージメントサービスの分野で、世界をリードするグローバルカンパニー。同社の知的財産マネージメント情報

Iron Mountainについて

Iron Mountain Inc.(NYSE : IRM)は、企業のフィジカルおよびデジタルデータの管理運用について、コスト削減およびリクス減少、効率化向上のための情報マネージメントサービスを提供しているニューヨーク証券取引所上場企業。同社が提供しているソリューションは、企業の保有している情報の保護および有効的利用方法を、そのフォーマット、保管場所およびライフサイクルに限定されない形で提案している。ビジネスの最適化を計り、情報のリカバリー、コンプライアンスおよびディスカバリーを実現する同社のサービスは、世界中の39ヶ国12万社に採用されている。

本リリースに関するお問合せ先
E-mail: info@urbanbrain.jp 株式会社UrbanBrain 担当.森口


ホーム > 会社概要 > プレスルーム > ニュースリリース > アーバンブレインと Iron Mountain


お問い合わせ