Blog

ICANNが第1回新gTLDオークションを実施

Posted by:  /  Tags: , ,

Share

AuctionsICANNは2014年6月4日、新gTLD申請の競合を解決するための第1回「新gTLDラストリゾートオークション」を開催しました。このラストリゾート(最後の手段)オークションは、新gTLD申請者が他社との競合を解決する最終的な選択肢となっています。競合は申請者同士の交渉等によって解決することが期待されていますが、それができない場合には、強制的にICANNラストリオゾートオークションに持ち込まれます。

ICANNオークションについては、これまで長い間プロセス策定が完了しない状態となっていましたが、この第1回オークションをもって、ようやく実質的な活動が始まった形です。今回入札対象となったのは、「.信息(xn--vuq861b)」、中国語で「info」を表す文字列です。オークションに参加したのは、「.信息」の申請者として「競合文字列の組(Contention
Set)」に入っているAfilias LimitedとBeijing Tele-info Network Technology Co.,
LTDの2社でした。

オークションの結果「.信息」を獲得したのはBeijing Tele-info Network
Technologyで、落札額は60万米ドルでした。ICANNによれば、最高値はBeijing
Tele-infoが提示した90万米ドルでしたが、最終的にはオークションルールに従って2番目に高い値での決着となりました。

Afiliasは.infoを管理する大手レジストリですので、中国語版.infoとも言える「.信息」をこの程度の金額であきらめたのは非常に不思議な感じがします。なお、オークションの収益はICANNの基金に入りますが、基金の使途は指定されていません。

今回のオークションは、ICANNの新gTLDプログラムの一環として初の事例となりました。今後のオークションは、2015年前半にかけて毎月1回のペースで開催される予定です。

Leave a Reply

Your Name: (required)

Your Email: (will not be published) (required)

Your Website:

Your Message:

submit comment