Blog

ICANN、新gTLDプログラムを承認。2013年より新しいドメインの利用開始へ!

Posted by:  /  Tags: , , , ,

Share

Boardvote-newtlds

2011年6月20日、ICANNシンガポール会議にて、理事会により新gTLDプログラムの導入が承認されました。これまでICANNにより度重なる延期が行われてきた同プログラムですが、ICANN理事会が各国政府の代表から構成されるGAC(政府諮問委員会)の意見を押切る形で、理事会の多数決により最終的な導入の承認が行われました。

今回の承認に伴い、早ければ2013年より「.GREEN」や「.LOVE」、「.SiTE」などの一般名称TLD(トップレベルドメイン)の他、「.CANON」や「.HITACHI」などの社名TLD、「.TOKYO」や「.NYC」、「.PARIS」などの地名TLDなど、様々な種類のドメイン名の利用が可能となります。

以下、今回の承認に伴い公開されたタイムラインとなります。

  • 2011年6月19日 ICANN理事会/政府諮問委員会(GAC)合同会議
  • 2011年6月20日 申請ガイドブックの承認(2011年5月30日公開の第7版:今後GACとの合意事項について改訂を行うことが前提)
  • 2011年6月20日 コミュニケーション(新gTLD広報)期間開始
  • 2012年1月12日 新gTLD申請受付開始
  • 2012年4月12日 新gTLD申請受付締切(締切から15日後に申請内容の一斉公開)
  • 2012年11月 初期評価(一次審査)結果公表
  • 2013年1月頃 新gTLDの運営開始(最も早いケース)



弊社では、ドメイン名レジストリシステムおよびDNSプロバイダーとして最も評価の高い米NeustarNYSE : NSR)社、データエスクロープロバイダーとして最も実績のある米Iron MountainNYSE: IRM)社と共に、世界最高レベルのトップレベルドメイン取得サービスを提供しております。

グローバル企業が「.社名」を取得する場合にまず考慮すべき点は、「万全の体制でICANNによる審査を通過すること」です。また、審査通過後に「実績のあるシステムで安定的な運用を実現すること」がパートナーを選択する上で最も重要な判断基準となります。

アーバンブレインでは、世界で最も実績があり信頼のおけるパートナー2社と共に、貴社にとって最適なソリューションをご提案させて頂きます。

「.社名」取得のご相談は、弊社窓口までお気軽にお問い合わせ下さい。







Leave a Reply

Your Name: (required)

Your Email: (will not be published) (required)

Your Website:

Your Message:

submit comment