Liberalization

世界のインターネットの住所であるドメイン名が大きく変わります。新gTLDの自由化および国際化トップレベルドメイン名の使用が認められることになり、単に新しい名前というだけではかく、地名や社名などをはじめとする様々なドメイン名が誕生します。アーバンブレインでは、ICANNによる新gTLD募集をビジネスチャンスとして捉えることをお勧めします。

詳細へ

consulting-feature
 

dotSiTE

「.com」は“commercial(コマーシャル)”を、「.net」は“network(ネットワーク)”を表すドメイン名です。世界のインターネット人口の増加に伴い必要となった新しい名前空間。2011年、アーバンブレインはICANNに対して”website(ウェブサイト)”を表す「.site」を申請します。

詳細へ

dotsitefeature
 

Neustar

アーバンブレインは、世界最多のgTLDラウンチ実績を誇るNeustar, Incとの提携により、リスクフリーの新gTLDレジストリ運用を実現します。同社は「.BIZ」や「.US」のレジストリ運営の他、多くのレジストリにシステムを提供しており、UltraDNSで2000万件以上のドメイン名をマネージメントしています。

詳細へ

Neustar Registry Services
 

Iron Mountain

アーバンブレインは、世界をリードする情報マネージメント会社IronMountainと共同で新gTLDレジストリサービスを提供させて頂きます。IronMountainのデータエスクローは、ほとんどのgTLDレジストリが採用している世界で最も信頼のおけるサービスです。

詳細へ

Iron Mountain Escrow Services
 

新gTLDでインターネット戦略上の自由を確保。

アーバンブレインは、国際都市やグローバルカンパニーの新gTLD申請・運用をお手伝いします。

なぜ新gTLDが必要なのか?社名.comや地名.jpとは何が違うのか?

新gTLD(トップレベルドメイン)を取得するということは、単にURLが短くなるということではありません。インターネット上に存在する名前空間をコントロールできる権利を持つということです。東京や、ニューヨーク、ロンドン、パリをはじめとした国際都市は既にトップレベルドメインの申請を表明しています。また、各国のグローバル企業は水面下で着実に申請準備を進めています。アラブ諸国ではアラビア文字で、中国では中国語のトップレベルドメインの使用が開始されました。インターネットの革命期である新gTLD時代の波は、もうそこまで押し寄せています。まずはインターネット上の住所であるドメイン名が、日本以外の国でどういった使われ方をしているかということを認識する必要があります。

Neustar, Inc. との提携について

アーバンブレインは、世界最多のgTLDラウンチ実績を誇るNeustar, Inc.との提携により、リスクフリーの新gTLDレジストリ運用を実現します。

Iron Mountainとの提携について

株式会社アーバンブレインは、世界をリードする情報マネージメント会社であるIronMountain Inc.と共同で国内新gTLD申請者を対象にしたサービスを提供します。

新gTLD参考資料

ICANNコミュニティ内で使用されている用語や略語や新gTLD申請プロセスについての参照ページを作成しています。

RT @ICANN: Webinar: TMCH & IDNs - http://t.co/Vqj63ZCyPH

@urbanbrain